FAQ

トップ>FAQ>コンクリート改質剤CS-21/RS、CS-21P/RSについて



3.CS-21シリーズ製品について
 back

 3-4 コンクリート改質剤CS-21/RS、CS-21P/RSについて

   Q1.CS-21/RS、CS-21P/RSとCS-21の違いについて教えて下さい?

   Q2.CS-21/RSとCS-21P/RSはどの様な形状をしていますか?

   Q3.CS-21/RSとCS-21P/RSは、どんな場合に使用しますか?




Q1.CS-21/RS、CS-21P/RSとCS-21の違いについて教えて下さい?
 back

A1.CS-21/RSとCS-21P/RSは、リフレッシュ・シャワー工法(特許:第4433302号)専用となっています。

   リフレッシュ・シャワー工法は、平成16年度EE産学連携研究会において京都大学、アストン、他6社が
   共同で開発した工法であり、この工法でCS-21を使用する場合には別途特許料が発生するため
   区別しやすいよう別パッケージとしています。



Q2.CS-21/RSとCS-21P/RSはどの様な形状をしていますか?
 back

A2.CS-21/RSは、CS-21と内容は同じでパッケージのみ異なります。

   CS-21P/RSは、5sのポリ容器に入っている白色の粒状の粉体です。



Q3.CS-21/RSとCS-21P/RSは、どんな場合に使用しますか?
 back

A3.CS-21/RSとCS-21P/RSは、リフレッシュ・シャワー工法(特許:第4433302号)専用の材料です。

   バラスト軌道鉄道高架橋床板漏水補修を目的としたリフレッシュ・シャワー工法については、こちらをご覧下さい。

Copyright (c) 2018 Aston Incorporated. All rights reserved.